recruit

トーヨートレーラーで活躍する社員へのインタビューをご紹介します。

設計職

小石 健次

お客様からの「ありがとう」の言葉を直接聞けるのがこの仕事の醍醐味

インタビューを読む

設計職小石 健次

  • 2018年 中途入社
  • 前職は、ゼネコンで機電担当として勤務していました。行っていたのは、現場における重機の仕様検討や、業者との打ち合わせ、設置工事、維持管理などの業務。大学時代は工学部で、特に4力(よんりき)をメインで学んでいました。大学で学んだことを活かし、規模の大きい会社に就職したいと考え、前職への就職を決めました。

トーヨートレーラーを選んだ理由

転職エージェントから紹介を受けた内の1社が、トーヨートレーラーでした。トーヨートレーラーでは1人で1台の車両を設計するため、若いうちから成長できると感じました。
また、水曜日と金曜日がノー残業デーとなっており、残業時間も月30時間程度。有給休暇も取得し易く、プライベートも大切にできそうだったのが決め手でした。

現在の仕事内容

私は設計グループのチーム長として車両の設計を担当しています。具体的な業務は、営業から渡される仕様書を読み込んで問題点を抽出するほか、フレームや足回りの強度及び能力計算、CADを用いた設計検討、技術文書作成などです。

仕事でやりがいを感じる瞬間

当社の製品はオーダーメイドのため、お客様のご要望に合わせて1台ずつ設計していきます。時には難しい要求を頂くことがありますが、その要求に応えられた際に大きなやりがいを感じます。
また、納品後に動作確認や登録などで直接お客様とやりとりをする機会もあるので、喜んでいただけた際には喜びを感じます。「ありがとう」の言葉を直接聞けるのは、上流工程ならではの醍醐味だと思います。

今後やりたいこと

「キャリヤ」と言われる、超重量物を運搬する車両設計に携わりたいです。キャリヤは自走できるためエンジンも付いていることから、制御回路も必要になってきます。今は1人では作れないので技術を身につけさらなる高みを目指していきたいです。

メッセージ

当社には、「こんなものを作ってみたい」「こんな技術を活用したい」という想いを実現できる環境が整っています。もちろん設計は依頼に基づいて行いますが、自分の想いをいっぱい詰め込むこともできます。そんなチャレンジを上司も全力で応援してくれます。上流工程に関わり技術者として成長したい方にぜひお越しいただきたいです。

修理、整備職

丹下 紳太郎

先輩を目指してもっと難易度の高い業務にチャレンジ

インタビューを読む

修理、整備職丹下 紳太郎

  • 2020年 中途入社
  • 前職はコンクリートパイルを用いて電柱を作る仕事をしていました。学生時代は土木の勉強をしていたので、学んだことを活かしたいと考え就職先を決めました。

トーヨートレーラーを選んだ理由

学生時代一緒にラグビーをしていた先輩がトーヨートレーラーで勤務しており、一緒に働かないかと誘ってもらいました。
車両整備は未経験分野でしたが、未経験で入社した先輩も多いと聞いていたので、特に不安はありませんでした。

仕事でやりがいを感じる瞬間

難しい修理ができた際にはやりがいを感じます。最近では、関東方面での難しい出張修理を無事に終えられたことが嬉しかったです。少し前までは先輩に同行してもらっていたので、自分自身の成長を実感できました。また修理、整備の仕事は全国への出張が発生するので、各地の風土風習を知ることができます。仕事ではあるものの、いろいろな地域に足を運べるのは面白いです。

今後やりたいこと

溶接関係の業務に挑戦したいです。溶接は整備の中でも特に難易度が高く、現在は高い技能を持つ熟練者担当しています。一人前になるためにはもっと練習をしなければいけません。早く溶接業務を任せてもらえるように、がんばっていきたいですね。後輩も増えてきたので、これまで先輩から学んだことをしっかり教えていきたいです。

メッセージ

当社は若い社員が多く、和気あいあいとした雰囲気です。休憩時間は、いつも笑いが絶えません。仕事も丁寧に教えてもらえるので、未経験の方でも安心。すぐに馴染んでいただけると思います。整備の仕事に挑戦してみたい方にぜひお越しいただきたいです。

営業職

桐山 卓哉

お客様と一緒に作り上げた車両が街を走行する喜び

インタビューを読む

営業職桐山 卓哉

  • 2021年 中途入社
  • 旅行会社で法人営業をしていました。海外出張の手配がメインで、たまに団体旅行なども担当していました。ただ、新型コロナウイルス感染症の行動制限の影響を大きく受け、受注が激減し結局1年ほど休業することになりました。その間に転職活動を行い、2021年4月に現在のトーヨートレーラーに入社しました。

トーヨートレーラーを選んだ理由

前職の経験を活かそうと営業職で仕事を探していたところ、トーヨートレーラーの募集を見つけました。すべての製品がオーダーメイドであることに、興味を抱きました。
トーヨートレーラーであれば他社にないものを提供でき、営業としてさらに成長できるのではないかと感じました。また、営業でありながら「0から1」のものづくりに関われる点も魅力的でした。

現在の仕事内容

私は営業担当として活動しています。問い合わせ対応や提案業務のほか、受注後は設計との打ち合わせなど、納品までのサポートや納車後のアフターフォローも行っています。
当社の製品はすべてオーダーメイド品のため、お客様の要望を伺いながら設計担当者と協議を重ね、理想に近いものを作り上げていきます。初回の問い合わせから納品までの期間は1〜2年ほど。長期間のお付き合いなりますので、納品後はすごく達成感があります。

仕事でやりがいを感じる瞬間

やはり、お客様から「ありがとう」の言葉をいただいたときです。お客様と一緒に作り上げた車両にナンバーがつき、走行する姿を見ると大きなやりがいを感じます。車両仕様に対するご要望をたくさんいただいた際には苦労もしますが、その分思い入れも強くなります。自分が携わった車両が、街を走っていると考えるとすごくうれしくなります。

今後やりたいこと

直近の目標は、様々な車種での実績を積み重ねること。将来的には、マネジメントを目指していきたいです。
営業なのでもちろん目標はありますが、数字が上がっていないからといって無理やり提案させられるようなことはありません。社会情勢や地域柄などから新規顧客を獲得しにくいときもありますが、だからといって足踏みせずにできることを着実にやっていきたいと思います。

メッセージ

入社後に社内の雰囲気の良さを感じることが多くあります。部署を超えたコミュニケーションも多く、毎日楽しく仕事ができていますね。オンとオフの切り替えもしっかりしていて、仕事では熱いディスカッションを交わし、業務が終われば仲良く飲みに行くなんてこともよくありますよ。営業としてさらに成長したいと思う方や、ものづくりに興味がある方はぜひ仲間に加わっていただきたいです。